【おすすめ本】「ちゃんと泣ける子に育てよう」

ひょっとして、

お子さんが大泣きすることやかんしゃくを起こすことに

困ったなぁって思っていませんか??



それは、

あなたが素敵な子育てをしている証拠♡



だから、困らないで♡




って言っても、

困っちゃいますよね~。



怒ってお友だちを叩いちゃったΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


号泣するわが子を道行く人々が振り返りながら見てるΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン



もぉぉぉぉ~っ

どーしたーらーいいーーーーのーーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン




こちらの本を読んでみてください(*- -)(*_ _)ペコリ

大河原美以先生のシリーズ、

どれもおすすめです♡

子どもが大泣きしたり激しく怒ったりするのは、

自分の感情を消化(=昇華)させるための大事な表現手段。


そこに「(人を)叩く」とか「(ものを)投げる)」とかっていう

おまけがついてくると、それはよ・け・い♡



「泣いてもいいし怒ってもいいんだよ。

だけど、叩いたら(投げたら)相手も嫌だよ」



感情と行動を切り離して伝えればいいんだよね。




でね、

「ママの対応」としてはそうやって伝えることができるんだけど、



そもそも、ってところのお話なんです。



子どもの姿はあなたの姿♡



お子さんが目の前で見せてくれている姿は、

ひょっとしたらあなた自身が見せたい姿かもしれない♡



あんな風に100%自分の感情を出し切ったのって

いつだったか思い出せますか??


いやなら全力でイヤって言う。

悲しいなら身体中から悲しみをしぼりだして泣く。



ママだってそうやって感情を出していいんだよ♡




この本にも書いてあるけど、

子どものネガティブな姿に自分の感情も揺さぶられるときって

自分の中にある抑圧していた感情が刺激されているときなの。



幼いころに感じたネガティブな感情が

心の奥底に閉じ込められたままになっているから、


同じ波長の感情が目の前に現れると

同調して反応しちゃうんだよ。



もし、

子どもの、

泣きや

怒りに、


自分で戸惑っちゃうような

反応が起こるなら、


自分の心の奥を

見つめるチャンス♡



子どもたちってね、


ママがずーっと抱え込んで

重たい鉛のように

心の奥に閉じ込めてしまったものを

溶かすために

産まれてきてくれたんだよ。


その鉛のような重たいかたまりは、

あなたの豊かな人生の土壌。



自分と向き合って、

その凝り固まった土をほぐしていくと、


そこからたくさんの生命が育まれていく。



それは

とても温かくて、

とても軽やかで、

とても心地よい。




あなたが自分と向き合うと、

子どもの泣きや怒りに、

振り回されなくなる。


子どもがあなたの顔色を

うかがわなくなる。



あなたが変わると

子どもも変わっていくよ。



大河原先生は、

私の産後うつを診てくださった方。


あれから4年。

私の中の鉛のようなかたまりから、

たくさんの夢が生まれ、

そして大きく広がっていっています。



あなたも、

自分を生きる土壌を

育ててみませんか??




Shiny Edu★新企画

 自分を生きるproject

  まもなく募集開始です♡



現在募集中のお話会はこちら♡

お申込はこちらから💛


あなたの生きるをプロデュースしちゃうメルマガは

こちらから💛


Shiny Edu ~未来につなげる”いまココ”子育て~輝く瞳で生きるための勇気づけ講座

未来を見つめれば子育てが楽しくなる! 学校じゃ教えてくれない未来につなげる”いまココ”子育てを、 自然育児と自由な学びを研究し続けている 元高校教師が伝えます。

0コメント

  • 1000 / 1000