【つれづれ】「something」を生きる

something

 ||
なにか



中1くらいで習う単語ですね♡


私が改めてこの単語に出会ったのは、

大学に入学した後のこと。


母校で校訓とは別に語り継がれてきた言葉なんです。


「something」



卒業してン十年の時を経たいま、

改めてこの単語のもつ奥行きを感じて

大切にしたいと思っているところです。


なんだか2018年のキーワードにもなりそうな予感✨





20年近く教員してて、

だんだん「学校」っていう場が

窮屈で息苦しい場所になっていったのね。



それはたぶん、

「学校」だけでなく

社会もそういう流れがあったのだと思う。




ファジーなんていう言葉が

流行語大賞をとったのが1990年のこと。



バブルがはじけて

なんとなく先行きが怪しくなってきたころ。



1994年に大江健三郎がノーベル文学賞を受賞した時に売れた

「あいまいな日本の私」のタイトルそのものが

あいまいじゃないか

って突っ込みが入ったのも同時期でしたよね。




え?

話が固そう??


まぁそういわずに💛



けっこうおもしろいんですよ、日本文化って。




日本はもともとあいまいな国民性をもってたのね。



例えば、

現存する最古の木造建築である

法隆寺五重塔は、


頑強な柱に支えられていなかったから

残ることができたわけですよね。


知ってました??


五重塔には、

上から下まで通っている柱が一本もないんですよ~。



つまり、

各フロアがバラバラにくっついてるの😱😱😱



すごくない?!

しかも、なぜ倒壊しないのか科学的に解明されていない!!



解明されてないけど、同じような工法が

最近は「柔構造」と言われてビル建築につかわれたりしているのね。




建築だけでなくって、


家の造りだって、


襖や障子を開ければ

部屋の広さを自在に変えられるし、


濡れ縁を通して

庭までを一連の家の景色としてとらえる。



例えば家具にしても、


固定された家具よりは


たたんでしまえるお布団やちゃぶ台のようなものや

必要な時だけ出せばよい座布団で


可変性の高い空間を保っている。


オタクでごめんなさいね~(;'∀')

好きなんです、建築の話🏡


美術や文学においても、

水墨画のような余白の美を味わったり、


短歌や俳句のように限られた文字数の中から

読み取る情景は受け手にゆだねられる





そんな「あいまいな」部分がたくさんあったんですよ。



それがね、

高度経済成長期を経て、

バブルに浮かれて、

バブルもはじけた後に、




あいまいさを認めない

余白を持たせない



そんな風潮が強まった。




「学校」で言えば、


「学校」は子どもが学ぶ場で、

そんな場所で教師たるものが乱れた服装でいるのは

けしからん!


とか、


宴会をするなんてもってのほか!


とか、



もうちょっと日常で言えば、


評定をつけた根拠を

全てのエビデンスと共に示さなければならない



とか、



全ての子どもに「平等」に対応するために

指名回数や発言回数を管理せよ



とか・・・ね(;´・ω・)




「余白」

「幅」

「あそび」

「あいまいさ」



そういうものがどんどん排除されていったわけ。




ところが、


ところが、ですよ。




人間って

確固たる厳然としたものの中だけでは

生きていけない。




都会の、まっすぐ一直線に空に向かってそびえる

高層ビル



山の中の、葉のゆらめきを携えながら空に向かって広がる

木立ち




人工のものはどれも隅々まで計算されつくされて

一片のあそびも残っていない。



私たちはファジーなものに囲まれている時

その余白を感じ取って、心が安らぐ。



それは、私たち自身が自然の一片だから。


あいまいな、

はっきりしない、

線引きできない、

なにかを感じ取っているだろうね~。



その感覚が、

「something」なのではないかなって

最近思うんです。



そして、

そのsomethingが、

心の奥のところで

私たちが本当に求めているものなんじゃないかな。




something


何だか分からないなにか




それを心の中にもって

自分の揺らぎを受け入れること。




そうすると

深呼吸して、心に安息を取り戻せる



そう思うんだよね♡





一緒にsomething感じよう♡



Shiny Edu

三度目の正直のメルマガ

まもなく配信します♡

(めっちゃこっそり告知www)



登録はこちらへ💛


Shiny Edu ~未来につなげる”いまココ”子育て~輝く瞳で生きるための勇気づけ講座

未来を見つめれば子育てが楽しくなる! 学校じゃ教えてくれない未来につなげる”いまココ”子育てを、 自然育児と自由な学びを研究し続けている 元高校教師が伝えます。

0コメント

  • 1000 / 1000